80円50銭から80円52銭の間で売買されている

「スプレッド」とは外為は外貨を売買の注文をして儲けを生む商品です。全身脱毛ラヴォーグを税込料金で比較

買ったり売ったりの値段は二十四時間上下しています。エタラビ料金

それが為替市場です。善悪の屑 ネタバレ

ニュースサイトを見ているとドルやユーロの為替の話題が流れる場面があります。ミドリムシナチュラルリッチ

「本のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。喪服 レンタル 広島

それは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを提示しています。http://evolvingplanetgame.com/

すなわち、FXには買いと売りの両方の値があります。

売値のことをBID、買値のことをASKと表示する取引業者もあったりします。

買値よりも売値のほうが安価に定められています。

あなたが買値は高く、売値は安くなるはずです。

その差分をスプレッドといい、FX取引会社の儲けのひとつとされています。

スプレッドの差は取引会社によって変化します。

スプレッドの広さは手数料になるので小さい取引業者を選んだほうが有利になります。

ただし、同じ取引会社でも局面によってはスプレッドの広さは大きくなったり小さくなったりします。

仮定としてドル円の組合せでたった1銭のスプレッドの幅だったとしても相場の上げ下げが大きい場面では大きくなったりする場合があります。

そのため、スプレッドが小さいのと同じく、変わらない事が肝心です。

最近では固定でスプレッドの狭さを見せるFX業者も数多く存在しています。

現実に取引業者の売買画面内でリアルなマーケットを確認しなければ区別できないのでわずらわしいですが、不可欠な事です。

重要な資金を預けて売買をしますので本物の取引の前に興味を持ったFX会社の新規口座開設をいくつもして表示されているスプレッドの狭さを実感しましょう。

同じ通貨でもそのときの外国為替市場のボラティリティによって、スプレッドの広さは変化します。

おおむね、インターバンクで取引高が多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの広さが狭く別の通貨ではスプレッド幅が大きくなる傾向にあります。

コンテンツメニュー

    Link