大量のチケットや切手

換金目的で列車等の旅券等をたくさん購入してしまうこと>カードの現金化サービスというもの利用せずに、自分が換金する目的でクレジットカードで決済することであっても同じと言えます。76-16-62

キャッシュ化するということを意図しているカードの決済については、カードのルール違反扱いとなることが理由です。76-18-62

大量のチケットや切手を購入するによる利用をすると、運が悪いと現金化する目的ではないのか??と警戒されてしまう恐れが考えられるので十分気をつけることが必要なのです。76-19-62

もし、すでにキャシング利用額というものが上限となってしまっているカードのケースは、列車等の回数券等を購入することにトライするだけでクレカの会社からチェックの電話が来ることもあるため、金欠時の決済については不可能になってしまうのでしょう。76-6-62

お金に問題がある時において頭をよぎることはみんな、同様であるのです。76-5-62

クレジットカード会社から見て問題な利用法をしてしまう→昔流行していた『永久期間』というような、クレカの会社に対して微塵もメリットとなり得ない使用方法を行った場合カード発行会社によって強制失効という扱いになってしまう事実があります。76-1-62

インターネット上に出回った購入ポイントの不正入手等の一般に認知されていない情報などというものが存在したとしてもそういったやり方というものは規約に反する行為になるのでどんなことがあってもやらないようにしないほうが懸命でしょう。76-14-62

強制退会となってしまった個人情報については出回る>クレカを強制没収させられてしまった場合でも違う会社のカードであれば使用できるから一つくらい大したことない?と考えているあなた、今の情報社会ではその思考は信用を失う危険性もある。76-20-62

なぜならば、まず失効させられるというケースには、カード発行会社によってアクセス出来る情報機関へ強制退会の個人情報が上書きされるので信用情報はガタ落ちとなるケースがあるため。76-17-62

いずれか一つですらカードを強制退会扱いとなると別会社のクレカまでも契約できなくなるし、最悪の場合別の有しているクレジットカードについても強制失効になる場合もあるのです。76-2-62

強制退会されずにそのまま使用できるようでも有効期限切れの際に継続利用できなくなることになります。

とにかくしつこく記載させてもらっているが強制失効となってしまうような利用の仕方は何があってもしないようルールに則ってクレジットをご利用頂きたいと願います。

コンテンツメニュー

76-11-62 76-10-62 76-8-62 76-15-62 76-12-62