休むべきなのでしょうか

現実にコンピュータのディスプレイの前に座って、休むことなく変動している相場を見ていると、すぐに売買をせずにはいられなくなるという欲求に煽られる状況も多かったりします。美甘麗茶

しかし、不確かな考えで注文するのだけは絶対にしてはいけません。クラシコ放送

知っての通り、マーケットは1日中、休みなくどこかのマーケットが変化しているし、為替レートも常に、上がったり下がったりします。置き換えダイエット 簡単

とは言っても、闇雲にエントリーを重ねていると、その分だけマイナスになるリスクが上がってしまいます。化粧水 人気

無論、注文の数を積み重ねる事で、少しずつ勝つ確率か50%、50%になるのは事実。プロミス 無利息

でもこの事実は「明確でないインスピレーションで売買」してしまうこととは話が違います。ナールスロゼをお得に購入するならコチラ

売買回数を積み重ねるということは、自分自身が「ここは勝てる」と考える機会を得られた場面での売り買いの回数を積むという事を言っています。クリアネオ 最安値

理由がなく、のべつ幕なし売り買いをするのとは大きく異なります。スリムゼウス(加圧シャツ)について

為替相場の駆け引きにi挑むにはあなたが深く考えてメリハリをつけることこそが大事です。アジカ

「ここはいける」と思い至った相場の時には、いっそポジションを増やして、積極的に儲けを狙います。ウィッシュ下取り

「悩ましい外国為替市場でどう上げ下げするのか思いつかないな」と思い至った時は、潔く諦めて所持ポジションをひとつも残さないで見切りをつけて何もしない。

これくらいの緩急をつけた方が結果的にエントリーは勝てます。

相場の格言には「休むも相場」というものがあります。

まったくその通りだと思います。

取引とは、いつでも売買ポジションを保持する事が肝心な事ではなく、ポジションを所持せずじっと待っている事も状況によっては外国為替相場です。

じゃあ、どの場面で、休むべきなのでしょうか。

ひとつめは、先述の通り、これから先の外国為替市場が分からない時です。

現状からドル高になるのか、ドル安になるのかが決める事が出来ない時は思いつきで行動すると、自身で書いた物語とは逆方向にマーケットが動いてしまい損失を被る事になります。

そのため、そんな場合はポジションを閉じ様子をみるのが最善の策です。

もうひとつの場面は、己の健康状態がよくない時です。

体調と外国為替相場につながりがない考える人もいるでしょうが現実には思ったより影響を与えます。

体の調子が変な時は、市場の大事な局面で必要不可欠な判断ができません。

気乗りがしない時はトレードから距離を置くことも肝心な事です。

コンテンツメニュー